脱毛サロンやクリニックでほくろの脱毛ってできるの?

脱毛サロンやクリニックでムダ毛を脱毛する際は、ほくろがある箇所をカバーしたうえで施術を行うのが一般的です。

しかし、ほくろにムダ毛が生えている場合はその場所を処理できないため、困ってしまう人もいるのではないでしょうか。

こちらでは脱毛する際のほくろに対する影響や、ほくろがある箇所のムダ毛を処理する方法などについて解説していきます。

サロン・医療脱毛のほくろ部分の施術

脱毛サロン、クリニックどちらの施術においても同じですが、施術の際に照射する光やレーザーは肌のメラニンに反応させることで脱毛を行います。

ほくろの色もメラニンによるものなので、光やレーザーが反応すると熱を発して火傷の原因となる恐れがあるため、施術の際はほくろを避けて照射を行うことが基本です。

ほくろだけでなく日焼けなど色の濃いものに反応するため、過度な日焼けをしている人が施術できない場合があるのもこうした理由があります。

しかし、ほくろにおいては大きさが5mm以下であること、また色が比較的薄いものについては施術できる場合があり、これをサロンやクリニックでひとつの目安としているところもあるようです。

ほくろ部分への対応

施術できない大きさや色のほくろがある場合は、白い保護シールを貼ったうえで施術をしたり、ほくろの部分を白いペンで塗ったりして施術するなどの対応がとられます。

白色は光やレーザーに反応しないため、ほくろの部分が火傷してしまうという心配がありません。

シールは施術前にサロンで貼ってもらえるので自分で行う必要はなく、また白いペンについても施術前に塗ってもらえます。

ペンの白色は施術後にきちんと消してもらえるので、外出予定がある場合も安心です。

ほくろが多い場合

小さいほくろや色の薄いほくろ、また一定の面積にたくさんのほくろがある場合は、ペンやシールで隠す部分が多くなって脱毛効果が薄れてしまうため、その箇所を避けて施術をするケースが多いようです。

また、ほくろの色が薄ければ照射レベルを調節して施術することができます。

ほくろの状態は施術を受ける人によって異なりますので、実際に施術者がほくろの状態を確認したうえで、適切な対応が取られることがほとんどです。

蓄熱式脱毛の場合

「蓄熱式脱毛」は、最近普及しつつある脱毛方式です。

蓄熱式脱毛による施術は、毛根にアプローチするのではなく、バルジ部と呼ばれる場所にある発毛機能にアプローチします。

これまでの脱毛方法よりも弱い出力のレーザーを何度もあてて脱毛をする方式で、高い脱毛効果が期待できる医療脱毛よりも脱毛サロンで多く採用されています。

蓄熱式脱毛は光の出力が弱いため、ほくろがあっても保護せずに施術をすることが可能な場合があるようです。

ただし蓄熱式脱毛であってもメラニンに反応させるという点は変わらないので、大きいほくろや色の濃いほくろについては、保護シールやペンなどで保護したうえで施術を行います。

蓄熱式脱毛ができるサロン・クリニック

蓄熱式脱毛ができるサロンやクリニックは以下のとおりです。

リゼクリニック
リゼクリニックでは「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機」を採用しており、先に紹介した通り、バジル領域にアプローチすることで脱毛を目指す施術を行っています。

従来の脱毛機と併用することで、より快適に効率よく脱毛を進めることが可能です。

ディオーネ
ディオーネで展開している「ハイパースキン脱毛」も、蓄熱式の脱毛方法になります。

ディオーネは、蓄熱式脱毛という痛みの少ない脱毛に加え、美肌効果のある光を照射している脱毛サロンです。

脱毛しながらハリやツヤのある肌に導くことを目的とした施術を提供しています。

ストラッシュ
脱毛サロンのストラッシュが提供しているSHR脱毛も、蓄熱式脱毛方式です。

痛みがないことはもちろん、日焼けした肌にも照射が可能になります。

また産毛や白髪も脱毛できることや、毛周期を気にすることなく施術ができるサロンです。

サロン・医療脱毛のほくろへの影響

サロン・医療脱毛の施術では、以下のようなほくろへの影響があると考えられています。

  • ほくろが膨らむ
  • ほくろが取れる
  • ほくろが増える
  • ほくろがかさぶたになる
  • ほくろが濃くなる

これらの影響は実際に起こり得るものもありますが、噂レベルのものもあるのです。

こちらでは、脱毛の施術によるほくろへの影響の真偽について解説していきます。

ほくろが膨らむ

脱毛の施術でほくろが膨らむ可能性はほとんどありません。

まれに施術をした後、毛穴が炎症を起こしてしまったときに、ほくろが膨らんだように見えることがあります。

これは、炎症により一時的に肌が腫れてしまっていることが原因です。

炎症が落ち着けば、ほくろは施術前と同じ状態に戻りますので心配ありません。

毛穴の炎症を防ぐためには、「施術後の激しい運動や飲酒を避ける」「施術した部分を冷やして鎮静させる」などを意識することが効果的です。

この点についてはカウンセリング時に説明がありますので、しっかり確認しておきましょう。

ほくろが取れる

脱毛の施術によって、ほくろが取れるという話もよく聞きますが、これは、「アレキサンドレーザー脱毛機」を採用している場合に起こり得る症状です。

アレキサンドレーザーは、もともとシミやほくろを除去するために開発されており、まだコラーゲンの生成を促す効果が期待できる美肌マシンとしても活躍しています。

そのため、このマシンで脱毛処理をした際にほくろが消えることがあるのです。

ただし1回の施術でほくろが消えるというわけではありません。

脱毛とほくろ除去では、アレキサンドレーザーの出力レベルが異なります。

そのため、ほくろの除去を期待して脱毛をするということはおすすめできません。

ほくろが増える

結論からいうと、脱毛の施術によってほくろが増えることはありません。

フラッシュやレーザーにシミやそばかすが反応して一時的に色素が濃くなったように見えることがあり、これが新たにできたほくろに見えるようです。

濃くなったシミやそばかすは時間の経過とともにまた元の状態に戻るので心配ありません。

そのほか施術によって毛穴が火傷状態になった場合にも、ほくろが増えたように見えることがあります。

この場合は10〜20日ほどして火傷が落ち着けば、肌はもとの状態に戻るでしょう。

火傷をしてしまった場合は現在の出力レベルが肌に合っていない可能性がありますので、出力レベルを調整してもらうなどの対応をおすすめします。

ほくろがかさぶたになる

小さなほくろや薄い色のほくろに光やレーザーの照射が反応してしまうと、かさぶたができてしまうことがあります。

これは、シールやペンなどで保護をせずに強い出力レベルで脱毛したときに起こりやすい症状です。

また、施術前よりもほくろの色が薄くなることもあります。

できてしまったかさぶたは肌の回復とともに落ち着きますので、様子を見ましょう。

症状が回復しない場合は、サロンやクリニックに相談したうえで皮膚科を受診するなどの対応が必要なケースもあります。

また、その後の施術でも出力レベルを調節してもらうなどの対応が必要です。

ほくろが濃くなる

脱毛後にはほくろが濃く見えることがあり、これにはいろいろな原因が考えられます。

まず、ほくろのメラニンがレーザーに反応した場合です。

一時的にほくろの色素が濃くなりますが、時間の経過と共に元に戻るので安心してください。

ほかには、出力が光脱毛より高い医療レーザーでは、ほくろがレーザーに反応してかさぶたになることがあります。そのため、ほくろが濃くなったように見えることがあるのです。

この場合も心配はなく、かさぶたが剥がれれば元の状態に戻るでしょう。

いずれも一時的なものであり、脱毛の施術によって濃いほくろとして残ってしまうことはありません。

家庭用脱毛器のほくろへの影響

家庭用脱毛器は、サロンやクリニックと比較すると光やレーザーの出力が弱いため、ほくろに対する影響も小さいと思われます。

しかし出力が弱い家庭用脱毛器であっても、ほくろへの照射は避けるのが賢明です。

こちらでは、家庭用脱毛器におけるほくろへの影響をみていきましょう。

また、それぞれの家庭用脱毛器がほくろに対して推奨している望ましい対応について解説していきます。

  • ケノン
  • ブラウン(シルクエキスパート)
  • トリア

ケノン

日本人の肌に適した刺激が少ないケノンの脱毛器ですが、ほくろへの照射を禁止しています。

ほくろだけでなく、濃いシミなど色素の濃い部分への照射を避けるように推奨していますので、ほくろへの照射は避けてください。

もしくは、ほくろをシールなどで保護したうえで照射を行いましょう。

脱毛器のフラッシュランプは、エステと同じものが採用されています。

黒い色に吸収されるこのフラッシュの特性により、色素の濃い部分に照射してしまうと火傷の恐れがあるのです。

ブラウン(シルクエキスパート)

シルクエキスパートもほくろへの照射を禁止しています。

10段階の照射レベルは肌の色に合わせて自動調節が可能ですが、ほくろ以外にもシミやそばかす、いぼ、痣のある部分のような黒色や褐色の部分には使用しないように注意してください。

また眉毛周りや乳首、頭皮、入れ墨を入れている場合はその部分においても照射を推奨していません。

男性の場合、ひげが濃いということもあってか顔の照射も推奨していませんので、使用の際は注意しましょう。

トリア

トリアにおいても、ほくろやシミ、そばかすをはじめ肌の色素が濃い部分の照射を禁止しています。

メラニンに反応するトリアのレーザーは、色の濃い部分に反応します。

そのため日焼けなど、ほかの部分より色が濃いところへの照射はさけましょう。

また、肌の状態がよくないときの照射も避けてください。

デリケートゾーンの照射においても推奨されていませんので、使用の際は注意が必要です。

トリアは照射レベルが高いと肌に与える影響も大きくなりますので、正しい使用法で脱毛しましょう。

ほくろ保護シールはどこで手に入る?

施術後もほくろを元の状態に保ちたい場合は、ほくろ保護シールが有効です。

医療用テープを使用した脱毛用保護シールも販売されています。

市販されているもの手軽にほくろを保護したいときは、白色のサインペンでほくろを隠したり、メイク用のコンシーラーをほくろの上に塗ったりして保護するなどの方法を選びましょう。

そのほか、文具として白色の丸いシールが販売されています。

シールで保護したいということであれば、そちらを活用してもよいでしょう。

シールでの保護であれば、その後外出予定があるときも、さっとはがすだけでよいので手軽です。

ほくろに生えた毛を脱毛するには

大きいほくろや色の濃いほくろにムダ毛が生えている場合、脱毛サロンやクリニックでは施術を行えないケースも少なくありません。

しかし、どうしてもほくろのムダ毛を処理したいという方もいることでしょう。

そのようなときは、以下の方法でほくろのムダ毛を処理できる場合があります。

  • 先にほくろを除去する
  • ニードル脱毛する

先にほくろを除去する

脱毛をする前にほくろの除去を行い、その後に脱毛をする方法があります。

ほくろの除去は、レーザーなどの方法があります。

美容皮膚科や形成外科でほくろの状態を確認したうえで、脱毛を検討していることを話せば適切な方法を提案します。

しかし、ほくろを除去したからといってすぐに脱毛の施術が行えるわけではありません。

肌の状態が落ち着いてからの脱毛施術になりますので、時間に余裕をみてほくろの除去を行なう必要があります。

肌が健康な状態でないと脱毛施術はできませんので、脱毛が可能となる時期については、ほくろを除去したクリニックに従ってください。

ニードル脱毛する

ほくろが気に入っている場合など、ほくろを取らずに脱毛したいときには「ニードル脱毛」が適しています。

ニードル脱毛は「針脱毛」などとも呼ばれており、毛穴に針のような器具を入れて電気を流し、ムダ毛が生える機能を焼き切って生えてこないようにする脱毛方法です。

確実な脱毛効果が得られる反面かなりの痛みを伴うといわれています。

そのため、痛みに弱い人は注意が必要です。

しかし、ひとつひとつの毛穴にアプローチするため、光脱毛やレーザー脱毛よりも脱毛効果が高くなります。

メラニンに関係なく処置できるため、ほくろがあっても施術を受けることが可能です。

ニードル脱毛は以下のサロンで提供しています。

  • エステティックTBC
  • エステティックミス・パリ

自己処理で抜くのはNG

ほくろにあるムダ毛を自己処理する場合、時間や手間、コストなどを考えるて手軽な毛抜きで抜く方法を選ぶ方もいるのではないでしょうか。

しかし、毛抜で抜くのは避けましょう。埋没毛や炎症の原因となる可能性があるためです。

また、カミソリについても注意が必要です。

ほくろは肌が盛り上がっていることが多いので、カミソリで肌まで切ってしまう可能性があります。

ほくろのムダ毛を自己処理する際は、ハサミでカットするなどの方法を取ることが望ましいです。

まとめ

ほくろがある部分のムダ毛処理について、ご紹介しました。

目立つほくろがある人、ほくろの数が多い人でもフラッシュ脱毛を受けることができる場合があります。

光やレーザーによる施術ができない場合はニードル脱毛などの方法を取ることで、脱毛をすることが可能です。

家庭用脱毛器の活用や自己処理においては注意事項がありますので、きちんと確認したうえでお手入れしましょう。

タイトルとURLをコピーしました