キレイモの脱毛の痛みは?キレイモがそんなに痛くないのは本当?

脱毛

脱毛サロンに通う上で、気になるのが施術の痛み。

実際、「痛いのがいやだから」と脱毛を諦めている方も多いのですよね。

キレイモは施術の痛みが少ないと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこで今回は、キレイモの脱毛の痛みについて解説していきます。

実際に施術を受けた方の口コミも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キレイモの脱毛による痛みは施術部位によって異なる

脱毛施術の痛みは部位ごとに大きく異なります。

たとえば脱毛機は太く濃い毛ほど強く反応するメカニズムになっているため、毛深い部位は通常よりも痛みが強くなるのです。

また、皮膚が薄く、デリケートな部分はそれだけ痛みを感じやすい場合が多いでしょう。

今回は4つの脱毛箇所について、それぞれの痛みの程度を解説していきます。

VIO(デリケートゾーン)脱毛による痛み

VIO脱毛はVライン、Iライン、Oラインを含めたいわゆるデリケートゾーンを脱毛する施術です。

デリケートゾーンは全身の中でもとりわけ太く濃い毛が生えるので、比較的痛みの強い部位として知られています。

また、皮膚が薄く粘膜が近いことも、痛みが強くなる原因です。デリケートゾーンの毛を処理すると考えると……。

VIO脱毛未経験の方でもなんとなく「痛みが強いだろう」ということは想像がつきますよね。

ただし、Vラインに関しては完全な無毛状態にするハイジニーナか、自然な形で毛を残すかによっても痛みの程度が異なる場合もあります。

ハイジニーナは足の付け根から三角ゾーンにかけて生えている毛をすべて処理するため、その分施術範囲が多く、痛みを感じる可能性が上がってしまうのです。

Iライン脱毛による痛み

Iライン脱毛は通常VIO脱毛に含まれますが、その中でもとりわけ痛みが強いとされています。

Iラインとは、陰部の両サイドに生えている毛のこと。

自分からは見えないので処理がしづらく、脱毛部位としては人気があります。

しかし、こちらも粘膜周辺の皮膚が薄い部分に生えていることもあり、施術の痛みは強い方です。

キレイモでは、Iラインの粘膜ギリギリまで施術を行うことができます。

これは他の脱毛サロンにはない大きなメリットですが、同時に痛みを強く感じるケースも多くなるでしょう。

キレイモは全身脱毛専門サロンなので、基本的にはIラインも含め施術することになります。

しかし、どうしても不安な場合は施術範囲についてスタッフに相談したり、粘膜からできるだけ離して施術してもらうように頼んでみましょう!

脇脱毛による痛み

デリケートゾーンと同様、脇も太く濃い毛が生えるので、施術の痛みは比較的強い方です。

脇は自己処理が難しいので人気のある部位ですが、同時に施術の痛みについて不安を覚える方も少なくありません。

脇脱毛の痛みに関してはデリケートゾーンより個人差が大きく、「すごく痛かった」という人もいれば「ほとんど痛みを感じなかった」という人もいます。

これは、脇毛の濃さには個人差があるためです。

たいていの女性はデリケートゾーンにたくさんの毛が生えますが、脇は濃く太い毛が生えるという人もいれば、薄い毛がちょろちょろっと生えるだけの人もいます。

また、左右で毛の生え方に差があるという人もいるでしょう。

先ほどご紹介した通り、施術の痛みは毛の太さや多さに大きく左右されます。そのため脇の毛の生え方によっては、あまり痛みを感じない場合もあるのです。

全身脱毛の痛み

ここまでご紹介した部位以外でも、施術中に痛みを感じる場合はあります。

キレイモでは痛みを緩和する工夫をしていますが、それでも部位によっては強い痛みが伴う可能性も捨てきれません。

キレイモは全身33箇所をくまなく脱毛でき、その中には手足の指や乳輪、お顔の周りなども含まれます。

指の毛を抜いたことがある方なら分かると思いますが、かなり強い痛みが走りますよね。

これは、手や足は人間の触覚を司る大切な部位なので、他の部位と比べ神経が多く集まっているためです。

また、乳輪やお顔の周りは皮膚が薄く、毛を処理する時は痛みが出やすい部位となっています。

反対に、部位によっては、ほとんど痛みを感じない場合もあるでしょう。

たとえば肘や膝、肩などは比較的痛みが出づらいと言われています。

痛みの感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、部位によって痛みの強さは違うということを覚えておきましょう!

キレイモは痛みの少ない脱毛方法を採用!

脱毛の痛みは脱毛方法の種類によっても異なるのですが、キレイモでは痛みの少ない脱毛方法を採用しています。

脱毛方法の種類を解説

まずは現在多く用いられている3つの脱毛方法について解説していきましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、その名の通り針を使った脱毛方法です。

特殊な極細針を毛穴1本1本に差し込み、電気を流して毛根にダメージを与えます。実はレーザー脱毛が登場する前は、このニードル脱毛が主流だったのです。

「針を毛穴に差し込む」ということからイメージされる通り、ニードル脱毛は強い痛みを感じます。

特に、ここまでご紹介したような痛みの強い部位に対しては、途中で痛みに耐えられなくなってしまう方も少なくありません。

毛を1本ずつ処理していくので、施術時間がかかるのもデメリットといえるでしょう。

一方、ニードル脱毛はムダ毛を1本からでも処理できるというメリットがあります。

ちょろっと生えている長い毛や、ごく少量の毛を処理したいという方にはぴったりの脱毛方法です。

また、ニードル脱毛は薄い産毛や白髪なども逃さず脱毛できるというメリットもあります。

レーザー脱毛では難しい施術も、ニードル脱毛なら対応できる場合が多いのです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで行われている脱毛方法です。

医療用に開発された強力な脱毛機で、レーザーを高出力で照射することができます。

この医療用脱毛機は医療資格を持つスタッフしか取り扱えないことになっており、一般的な脱毛サロンには設置されていません。

医療レーザー脱毛は高出力の照射が可能なので、脱毛効果も非常に高いと言われています。

しかし、レーザーが強力な分、施術中の痛みは強い方です。

また、脱毛サロンと比べると料金がお高めに設定されているので、学生さんやお金に余裕のない方にとっては少し通いづらいかもしれませんね。

とはいえ医療レーザー脱毛は施術1回あたりの効果が高いので、通う回数が少なく済むのは大きなメリット!

痛みに強く、少しでも早く脱毛完了したいという方にはおすすめの脱毛方法です。

光脱毛

光脱毛の基本的なメカニズムは医療レーザー脱毛と同じですが、照射出力が強すぎないので、施術の痛みが少ないというメリットがあります。

時間をかけてゆっくりと脱毛していくので肌への影響も少なく、脱毛初心者さんにもおすすめの脱毛方法です。

お値段もリーズナブルなので、学生さんも無理なく通えるでしょう。特に急いでいるわけでなければ、良いことづくめの脱毛方法です。

キレイモではこの光脱毛の中でも、特に痛みが少ないとされるSHR脱毛を採用しています。
SHR脱毛とは「スーパーヘアリムーバル脱毛」の略で、毛の発育にかかわるバルジ領域という部分をダイレクトに刺激する脱毛方法。

浅黒い肌や日焼けにも対応できるだけでなく、痛みが非常に少ないと言われているのです。

キレイモでは他にも広範囲への照射が可能な「IPL脱毛」と呼ばれる脱毛方法も用意されているので、目的に合わせて選べます。

脱毛方法はスタッフと相談しながら選んでいくので、不安なことはなんでも相談してみましょう。

キレイモの光脱毛はジェルなしで痛みを軽減

他の多くの脱毛サロンとは異なり、キレイモでは冷却ジェルを使用しない脱毛を行っています。

そもそも冷却ジェルを使うのは、肌を冷やしつつ施術をすることで脱毛の痛みをやわらげるため。

上記の通りキレイモは脱毛機そのものが痛みの少ない仕様なため、冷却ジェルを使用する必要がないのです。

冷却ジェルを塗ると確かに痛みが少なくなりますが、施術中ずっと肌寒さを感じたり、中には不快感をおぼえる方もいます。

また、ジェルを塗ったり拭き取ったりする時間がかかるので、施術時間が長引く原因にもなっているのです。

キレイモなら、冷却ジェルを使用せずスピーディーに脱毛可能!

ジェル特有のひんやり感が苦手な方だけでなく、短時間で脱毛を終えたい方にもおすすめです。

キレイモでは痛みを抑えるために施術を工夫している

キレイモでは痛みの少ない脱毛機を採用しているだけでなく、少しでも痛みを抑えるため、施術中に様々な工夫をしています。

お客さん自身が痛みの対策をする必要はないので、安心して施術を受けましょう。

特に、脱痛みを抑えるために「市販の痛み止めを飲もう!」と考える方は多いですが、絶対にやめてください。

脱毛施術は少なからず体への負担になるため、薬を服用した状態だと思わぬ体の不調が生じる可能性もあります。

実際、キレイモやその他多くの脱毛サロンでも、施術前後の薬の服用はNGとなっているんです。

キレイモでは、主に以下のような工夫で施術の痛みを極力抑えています。

照射面をピンポイントに冷やす

キレイモでは冷却ジェルを使用しない代わりに、脱毛機に備わった冷却機能で照射面をピンポイントに冷やしていきます。

施術する部位全体を冷やすわけではないので、肌寒さや不快感をおぼえる心配はありません。

この冷却機能を使うと、施術箇所をなんと-4度まで冷やすことが可能です。

「そんなに冷やしたらさすがに寒いんじゃ?」と思われるかも知れませんが、瞬間的に冷やすだけなのでご安心ください。

施術する部分だけをピンポイントに瞬間冷却するので、不快感なく痛みを抑えることができます。

肌の状態に合わせて当て方を変える

キレイモでは一人ひとりの毛質や肌の状態に合わせて、脱毛機の当て方を変えています。

これにより脱毛効果がアップするだけではなく、施術の痛みを抑えることも可能です。

認定資格を持つエステティシャンがあなたの肌状態をしっかり見極めてくれるので、いつでも最適な施術を受けることができますよ!

出力を弱めて施術する場合も

どうしても痛みが不安な場合は、脱毛機の出力を抑えて施術することも可能です。

光の角度や出力は資格を持つスタッフが調整しているので、脱毛効果が薄れない範囲で出力を抑えることもできます。

「自分は人より痛みに弱い」と思う方は、気軽に相談してみましょう!

また、施術に関するお願いだけでなく、痛みに対する不安や疑問点はカウンセリング時に話しておくとスムーズです。

キレイモではお客さんの脱毛に関する不安を緩和するべく、カウンセリングにたっぷりと時間を割いています。

気になったことはどんどん相談して、安心して施術に臨みましょう。

痛みはどのくらい?キレイモで脱毛した人の口コミを紹介

脇の脱毛は思わず絶叫しちゃいました

CMで見て気になっていたので、「脱毛はキレイモで受けよう」と決めていました。

友達に「VIOは痛いよ」と聞いていたので身構えてましたが、思ったよりも痛みはなく少しピリピリする程度。

でも、脇の施術に入った時は思わず「痛い痛い痛い!」と絶叫してしまう程痛かったです。

私があまりにも痛がるので、スタッフさんにお願いして出力を弱めてもらっちゃいました。

脱毛効果が薄くなったら嫌だなと思ってましたが、何度か通ううちにほとんど毛が生えてこなくなって大満足!我慢して通ってよかったです!

【年齢】21
【職業】学生
【性別】女性
【施術部位】全身

輪ゴムで弾かれる程度の痛み

あまり痛いのは得意ではないので最初は不安でしたが、そのことを伝えるとカウンセリング担当の方が痛みを抑える方法について優しく教えてくれました。

いざとなったら光の強さを弱くすることもできると知って思い切って施術を受けると、拍子抜けるほど痛くなかったです。

やっぱりデリケートゾーンは痛みが走る場面もありましたが、それも輪ゴムで弾かれる程度。これなら最後まで通えそうです!

【年齢】30
【職業】会社員
【性別】女性
【施術部位】全身

痛みはほとんど感じませんでした

元々痛みに強い方なのであまり気にしていませんでしたが、キレイモは以前通った脱毛サロンと比べて痛みが少なかったと思います。

IラインやOラインの脱毛は初めてだったけど、ほとんど痛みを感じませんでした。

脱毛効果が出るのも前より早い気がして嬉しいです。

のりかえ割で料金も安くなったので、キレイモに変えて正解でした。

【年齢】27
【職業】主婦
【性別】女性
【施術部位】全身

デリケートゾーンはさすがに痛い

10年前に脱毛施術を受けたものの、最近また毛が生えてきてしまったのでキレイモに通い始めました。

以前べつのところで脱毛した時は随分痛い思いをしましたが、こちらは脱毛機からプシュッと冷たい空気が肌に伝わってほとんど痛くありません。

とはいえ、デリケートゾーンはさすがに痛みを感じました。

スタッフさんにデリケートゾーンを見られるのは少し恥ずかしかったですが、親切に対応してくださり安心して任せられます。

肌がスベスベになるのが楽しみです。

【年齢】41
【職業】主婦
【性別】女性
【施術部位】全身

痛くなくて安心!

ネットでは「脱毛は痛い」という口コミばかりで心配だったけど、キレイモの脱毛はほとんど痛くなくて安心!

最初に「毛が濃いところは多少痛みが強いですよ」と言われたけど、脇もVIOも耐えられる程度でした。

周りには「痛すぎて通うのがいやになった」という子もいるので、今度キレイモを紹介してみたいと思います!

【年齢】19
【職業】学生
【性別】女性
【施術部位】全身

一番痛くないサロンはどこ?体験談をもとにサロンごとの痛みを比較

最後は脱毛経験豊富な方の体験談を参考に、サロンごとの痛みを比較していきたいと思います!

どのサロンに通うか迷っている方は要チェックです。

キレイモと下記サロンを比較しました。

銀座カラー
ミュゼ
脱毛ラボ

キレイモと銀座カラーではどちらが痛い?

銀座カラーは接客はすごく丁寧で好きですが、施術の痛みに関していえばキレイモの方が痛くなかったです。

銀座カラーは腕や脚を施術した時もピリピリしたけど、キレイモは脇とIライン以外はほとんど痛みがありませんでした。

個人的にはキレイモ顔脱毛の範囲が広いのも嬉しいです。

もみあげや鼻は比較できないけど、ここもほとんど痛くありませんでした。

【年齢】33
【職業】会社員
【性別】女性
【施術部位】全身

キレイモと銀座カラーはキレイモの方が痛みが少ないとのことでした!

キレイモの方が施術範囲が多いので完全に比べることはできませんが、それでも痛みを感じることはほとんどなかったようですね。

ミュゼとキレイモではどちらが痛い?

5年前にミュゼ、現在キレイモに通っているけれど、どちらも思った以上に痛くなかったです!

もしかしたら私が痛みに強いだけかも知れませんが……。

ミュゼでは脇とVラインの脱毛だけしたので他の部位は比べられないけれど、キレイモは全体的に痛みが少なかったような気がします。

【年齢】27歳
【職業】会社員
【性別】女性
【施術部位】ミュゼ:脇、Vライン キレイモ:全身

こちらの方はミュゼもキレイモもどちらも痛みをほとんど感じなかったと言っていますね。

脇やVラインは特に痛みが強くでるはずの部位ですが、どちらのサロンも痛みは少なかったようです。

キレイモは全体的に痛みが少なかったとも言っているので、痛みに弱い方も安心して通えますね。

キレイモと脱毛ラボではどちらが痛い?

脱毛ラボとキレイモに通った経験があります。最初はキレイモの方が痛いと思いましたが、何度か出力調整をしてもらったので痛みはほとんどなくなりました。

むしろ脱毛ラボより痛くないくらい!それでもしっかり脱毛効果が出たので、そんなに出力は強くなくて良いのかも?と思ったりします。

【年齢】29歳
【職業】主婦
【性別】女性
【施術部位】脱毛ラボ:両腕下、両膝下 キレイモ:全身

こちらはキレイモと脱毛ラボに通ったことのある女性。

はじめのうちはキレイモの方が痛みが強いと感じたものの、出力調整語は脱毛ラボよりも痛みを感じにくくなったようです。

万が一痛みが強いと感じた時も、こんな風に調整してもらえるのは安心ですね。

まとめ

キレイモは痛みの少ない脱毛方法を採用したり、施術中も様々な工夫をしたりと、痛みを抑えるための取り組みに力を入れています。

一人ひとりに合わせて出力を丁寧に調整してくれるので、多くの人にとって痛みが少ないサロンと言えるでしょう!

冷却ジェルを使用しないので、寒いのが苦手な方にもぴったり。脱毛の痛みが不安な方は、ぜひキレイモに通ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました